青森自慢料理 ほこるや

hokoruya_photo1

『食材と格闘しながら強火でスープをとります。だから力強いんです。』

八戸市の商店街を通りに沿って進むと、その建物が現れます。 大正後期の建物を移築した趣のある店舗は、それだけで期待が高まります。 大正ロマン、モダニズム、アールヌーボー。 着席すると、当時の喧騒さえ聞こえてきそうです。

海の恵み、山の幸、どの食材も青森の誇りだと。 その食材を誇れる店であり、提供できる店でありたい願っているそうです。 生産地が近いこともあり、新鮮な状態で入手できる青森シャモロックは開店当時から様々なメニューとして提供されてきました。

開店当初からシャモロックのスープのとり方には特徴があります。 とにかく強火で、がんがん炊くこと。 新鮮なためかアクがあまり浮いてこない事もあり、とにかく炊き続けるのだそうです。 うまさを絞りきったようなスープは、まさに【誇り】なんだとか。 鶏ダシとは思えない力強さがあります。

料理長自慢のスープでもてなす『鍋』は季節を問わずオーダー可能です。 鍋のシメで多いのは?という質問に『スープがなくなり。シメが出来ない状態なので・・』、という答え。 それほど魅力的なスープなのです。 お店の隣が八戸酒類八鶴工場ですから、地酒といえば『八鶴』です。 しかも秘蔵酒。グラスに注がれる音。立ち上る香り。思わずのどが鳴ります。

hokoruya_photo2
hokoruya_photo3
hokoruya_photo4

所在地青森県八戸市八日町6-1
(JR八戸線 本八戸駅 徒歩10分 、JR八戸駅 車15分)
TEL0178-73-1270
営業時間月~土 昼 11:30~15:00(L.O.14:00)
夜 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日日曜日(臨時休業あり) 総席数80席
平均予算昼1,000円 夜5,000円