家畜防疫互助基金事業

万一の「口蹄疫、豚コレラ等」の発生に備えて

家畜防疫互助基金事業に参加を!

事業のポイント

交付対象に予防的殺処分の対象となった家畜を追加しました。

(なお、家畜防疫員の指導による移動制限区域等における殺処分が法律に基づき補償が可能となったことから、とう汰互助金は廃止します。)

牛や豚を飼育する生産者の方は、どなたでも事業に参加できます。ただし、契約締結時点で家畜伝染病予防法に基づき、移動制限等が実施されている区域の生産者は加入できません。

加入者は飼養衛生管理基準の遵守が必要となります。

この事業の対象となる牛及び豚の家畜伝染病は、「口蹄疫」、「牛疫」、「牛肺疫」、「アフリカ豚コレラ」及び「豚コレラ」の5疾病です。

事業実施期間は平成24年度~26年度までの3年間です。

生産者積立金は、牛、豚に分けて基金として管理され、互助金は牛については牛生産者の基金から、豚については豚生産者の基金からそれぞれ交付されます。

 

生産者積立金の単価

区分
家畜の種類
生産者積立金の単価(1頭あたり)
乳用牛
乳用牛(24ヶ月齢以上)
260円
乳用牛(24ヶ月齢未満)
130円
肉用牛
肉専用種繁殖雌牛(24ヶ月齢以上)
260円
肉専用種繁殖雌牛(24ヶ月齢未満、子牛を含む)
195円
肉専用種肥育牛(子牛を含む)
交雑種肥育牛
130円
乳用種肥育牛
130円
家族型
繁殖用種豚(雌)
120円
繁殖用種豚(雄)
240円
肥育豚
 40円
企業型
繁殖用種豚(雌)
135円
繁殖用種豚(雄)
270円
肥育豚
 55円
互助金の種類とその単価
経営支援互助金:法に基づき殺処分した家畜を飼養していた農場が新たに家畜を導入したときに交付されます。
焼却・埋却等互助金:殺処分した家畜を自らが焼却・埋却したときに交付されます。
家畜の種類
互助金の上限単価(1頭あたり)
経営支援互助金
焼却・埋却等互助金
乳用牛
乳用牛(24か月齢以上)
190,000円

74,000円

(37,000円)

乳用牛(雌、12か月齢以上24か月齢未満)
31,000円
子牛(雌、12か月齢未満)
27,000円
肉用牛
肉専用
繁殖雌牛(24か月齢以上)
175,000円
繁殖雌牛(12か月齢以上24か月齢未満)
59,000円
肥育牛(雌、12か月齢以上)
肥育牛(雄、12か月齢以上)
子牛(12か月齢未満)
交雑
肥育牛(12か月齢以上)
38,000円
子牛(12か月齢未満)
32,000円
乳用
肥育牛(12か月齢以上)
31,000円
子牛(12か月齢未満)
27,000円
家族型
繁殖用種豚(雌)
50,000円

4,000円

(2,000円)

繁殖用種豚(雄)
50,000円
肥育豚
11,000円
企業型
繁殖用種豚(雌)
57,000円
繁殖用種豚(雄)
57,000円
肥育豚
12,000円

注:1.家畜の新たな導入に際して国等の事業を利用した場合には、経営支援互助金は交付されません。

2.家畜伝染病予防法の規定により、「患畜」、「疑似患畜」として焼・埋却費用の1/2の交付を受けた場合は、焼埋却互助金の単価は( )の額となります。

3.豚の互助金の交付対象は、離乳後の豚です。

 
 

お問い合わせ (一社)青森県畜産協会 価格安定・衛生課 TEL017-722-4331